Sano San Chi

Introduction

いまはなき、
にほんの日常を、今へ。

日本人がむかしから大切にしてきた、暮らしのあれこれ。
しかし今では、日本人ですら忘れてしまおうとしている習慣、
時代の変化とともに失ってしまった風景がたくさんあるように感じます。
ひとの温もり、自然の温もり、文化の温もりと寄り添いながら、
ていねいに生きるライフスタイル。

〈人〉 清らかな気持ちとふれあうこと。
〈時〉 あらがわずにゆったりと過ごすこと。
〈食〉 旬の食材をおいしくいただくこと。
〈楽〉 その土地ならではの自然を満喫すること。

そんな美しきにほんならではの生活を、ふたたび、現代へ蘇らせること。
私たちの宿は、泉佐野の人々といっしょに創りだす「にほんの日常」がコンセプトです。

Guest House

漁師だったご家族の一軒家を、2018年4月にリニューアル。特区民泊ゲストハウス。関西空港からわずか数分の静かな場所に位置する長期滞在向けホテルです。
関西国際空港到着後、レンタカーを手配。たくさんの荷物を駐車場付きのゲストハウスに置けば、泉州・阪南・和歌山・奈良などの自然が豊かなエリアをはじめ、大阪・京都・神戸などの観光を「手ぶら」で満喫できます。また、このゲストハウスでは、泉佐野市の地元グルメやアクティビティなど、日本ならではの日常を体験していただくことも可能です。

ゲストハウスは2階建て、日本ならではの間取りの一軒家。
家族団らんの時間にピッタリなリビング、キッチン、ダイニングルームは、国産家具メーカーとして有名な「カリモク」のソファを配して快適な空間に仕上げています。さらに、畳が敷かれた3つの部屋(寝室)、1つのベットルームがあり、最大11人まで宿泊していただけます。

日本本来の日常を類似的にお楽しみいただくために、テレビゲームなどのご用意はありません。また、このゲストハウスは何よりも「日本の日常(穏やかな暮らし)」大切にしているので、近隣の住民たちにもご配慮いただけるような方に宿泊していただきたいと考えています。

Facility equipment

ゲストハウス 〈Sano-San-Chi〉 では、下記のような施設やサービスがあります。

ご予約

和楽

和風建築の日本家屋を2019年4月にリニューアル。特区民泊ゲストハウス。関西空港からわずか数分の静かな場所に位置する長期滞在向けハイグレードゲストハウスです。

関西国際空港から電車(JR)で2駅の日根野駅が最寄り駅です。駐車場を完備しているので、関空から直接ゲストハウスに向かい荷物を置けば、旅の拠点として自然が豊かな泉州・和歌山はもちろん、高野山へは車で約1.5時間です。 また、大阪市内・神戸・京都・奈良など、さまざまな観光スポットにも自由に車や電車で出かけることができます。さらに、最寄り駅への送迎サービスもあります。

和楽のテーマは「一家和楽」。家族・友達・恋人など、大切な人と特別な時間を過ごしていただけるよう、伝統的な日本家屋を丁寧にリノベーションしました。和風建築ならではの瓦屋根、存在感のある外観。 室内はおくつろぎいただける、落ち着いた和モダンに仕上げました。畳が敷かれた4つの和室(寝室)があり、最大13人まで宿泊していただけます。近隣には地元酒蔵があり、造りたての美味しい日本酒を味わうこともできます。

なお、日本本来の日常を類似的にお楽しみいただくために、テレビゲームなどのご用意はありません。また、このゲストハウスは何よりも「日本の日常(穏やかな暮らし)」を大切にしているので、近隣の住民たちにもご配慮いただけるような方に宿泊していただきたいと考えています。

Facility equipment

ゲストハウス 〈Sano-San-Chi “WARAKU 和楽”〉には、下記のような施設やサービスがあります。

ご予約

難波

マンションの最上階に位置し、客室からは都会の街並みを一望できます。グループやご家族でのご利用に最適な広めの3LDKの一部屋です。室内は快適に過ごせるTV付のリビングに料理ができる家電を揃えたキッチンがございます。寝室はそれぞれに仕切りがありますのでプライバシーも安心です。

また、マンションの目の前には300年を超える歴史があり、食い倒れのまち 大阪の台所と呼ばれる温泉施設を併設する木津魚市場があります。新鮮な魚介が堪能できる大阪でも有数な魚市場となっておりますので是非訪れてみてはいかがでしょうか。

難波駅から徒歩9分、タクシーで5分。

御堂筋線大国町駅からは徒歩3分になります。

近くにショッピングを楽しめるなんばCITYやなんばパークスがあり、ほかにも心斎橋、天王寺、通天閣のアクセスも可能です。

Facility equipment

ゲストハウス 〈Sano-San-Chi〉 では、下記のような施設やサービスがあります。

ご予約

松

北九州(新門司)や神戸(六甲アイランド)へ向かう「阪九フェリー」の発着地である大阪・泉大津。ここは、NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」(インスタントラーメンの創始者)で主役の萬平が塩を作る舞台になっている場所です。そして、最寄りの松ノ浜駅から徒歩3分の静かな住宅街に佇む長期滞在向けの特区民泊ゲストハウス「Sano San Chi MATSU」は、仲良しグループや恋人はもちろん、家族での旅行にも最適な一軒家です。

関西国際空港到着後、レンタカーを手配。関西空港と大阪・難波駅のほぼ中央に位置するこのゲストハウスに荷物を置けば、大阪・京都・神戸をはじめ、奈良・和歌山エリアも「手ぶら」で観光が楽しめます。

ゲストハウスは2階建て、日本ならではの間取りの一軒家。1階はゆったりとくつろげるリビング、キッチン、バスルーム&トイレ。2階には畳が敷かれたシンプルな2つの和室(寝室)があり、ゆっくりとおくつろぎいただけます。また、床の間では日本ならではのおもてなしがご覧いただけます。
日本本来の日常を類似的にお楽しみいただくために、テレビゲームなどのご用意はありません。また、このゲストハウスは何よりも「日本の日常(穏やかな暮らし)」大切にしているので、近隣の住民たちにもご配慮いただけるような方に宿泊していただきたいと考えています。

Facility equipment

ゲストハウス 〈Sano-San-Chi “MATSU 松”〉には、下記のような施設やサービスがあります。

ご予約

麦

昔、うどん屋さんを営まれていた店舗がリノベーションによりゲストハウスへと生まれ変わりました。瓦屋根の昔ながらの2階建のゲストハウスの1階は、キッチンのあるリビングともう1室、2階は2段ベッドのある部屋があり、コンパクトなスペースをうまく活用し、おくつろぎいただける空間を提供しております。最大5人までご宿泊いただけます。

関西空港から2駅、南海電鉄泉佐野駅から徒歩8分の位置にあるので、関空から直接ゲストハウスに向かい荷物を置けば、大阪・京都・神戸をはじめ、奈良・和歌山エリアも「手ぶら」で観光が楽しめます。近隣にコンビニエンスストアやスーパーマーケットがありますので、深夜あるいは早朝に関空を利用される方にも便利です。

日本本来の日常を類似的にお楽しみいただくために、テレビゲームなどのご用意はありません。また、このゲストハウスは何よりも「日本の日常(穏やかな暮らし)」大切にしているので、近隣の住民たちにもご配慮いただけるような方に宿泊していただきたいと考えています。

Facility equipment

ゲストハウス 〈Sano-San-Chi “MUGI 麦”〉には、下記のような施設やサービスがあります。

ご予約


Experience Play Guide

お食事は、地元の人たちが愛するカフェ・居酒屋などをご利用ください。
日本各地で仕事をしながら食べ歩いているカメラマンも絶賛のお店をご紹介します。

Access

Sano San Chi

Blog

SNS